ブログタイトル

院長の講演会です

2017年3月27日 月曜日

 

3月25日(土) 第20回山都町老連矢部支部主催の ‘講演会・芸能大会‘ で永濱院長が「これからの消化器病治療」について講演しました。


 

 


C型肝炎の最新治療から始まり、メタボによる生活習慣病、ジビエ料理による感染症、当院での大腸内視鏡検査、消化器の病気と治療・検査など幅広い内容でした。

 

C型肝炎は服薬で治る病気と近年言われています。インターフェロンと比べ副作用が少なく、当院でも多くの方に治療を行っています。

ジビエ料理とは、狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉を調理したもの。

肝炎といえばB型肝炎、C型肝炎をよくききますが、ジビエ料理はE型肝炎の原因といわれています。あと寄生虫にも注意が必要です。食べるときは必ず加熱処理を
 

約400人の参加者があり、院長のユーモアを交えた話に最後まで熱心に聴講されていました。

講演をした院長は、肝臓の専門医です。ご遠慮なくご相談ください。

 

 

 

 

 

 



 

今年度最後の院内研修は、協会けんぽ熊本支部より保健師さんを招いての研修でした。

メタボ予備軍の私にぴったりのテーマです。

テーマ今日から始めよう小さな1歩~健康目標を立ててみましょう~
 


(左写真)質問 自分の健診結果を把握していますか?

(右写真)(なんとなく把握)と(把握してない)がほとんどです
 

病院という職場に居りながらあまり意識していないというここですね・・・

 


食事の見直しやその場で出来る運動、間食の取り方・・・すぐに出来ることですが、なかなか行動に移さないことがメタボ予備軍となる原因なのでしょうね(私のことですが

冠動脈疾患(狭心症、心筋梗塞)発症の危険度は・・・

肥満、脂質異常、高血圧、高血糖の危険因子0個にくらべ、危険因子3~4個になると約36倍になるそうですよ恐ろしい
興味深かったのは、当院の25年と26年のデータと全国平均、熊本県、同業態のデータ比較。

当院は喫煙を除いて、メタボ・脂質異常・血圧・代謝すべてのリスクが同業態に比べ高かったという結果。

しかも、25年と26年では26年の方がメタボリスクが高くなってる
 

健康作りの5本の鍵は、 食事  運動  休養  お酒  たばこ です。

 

職員のみなさーん、1年後どうなりたいかをイメージして生活改善をしましょう。そして、なにより継続です。

 

今日から始めよう小さな一歩です。

 



ひな祭り❀

2017年3月3日 金曜日

 

今日の行事食です
 

花をかたどったピンク色の蓮根や人参が飾られたチラシずしや、ひし餅を思わせゼリー。

女の子が喜びそうな演出です
 

そして、竹の子の和え物はほのかに山椒の香りがして爽やかな春を感じました・・・・


右の写真は沈丁花(ジンチョウゲ)です。

甘く上品な香りがするんですねトイレに飾ってありました。

春は、そこまで来ているようです
 

トイレは、季節の花々が飾ってあり無知な私にとって勉強の場でもあります
 

ひな祭り・・・女の子の節句。娘のいない私は、愛犬のはなちゃんにイチゴでもあげようかなぁ・・・



スタッフブログ

新着記事一覧

カテゴリー

月別アーカイブ

医療法人 幸翔会
瀬戸病院

〒861-3455
熊本県上益城郡山都町
北中島2806番地

TEL
0967-75-0111(代)

FAX
0967-75-0434


診療科目

泌尿器科 眼科 肝臓・消化器内科 内科 リハビリテーション科


受付時間

午前12時まで・午後5時まで


診療時間

月〜金 8:30〜17:30
土・日 休診 祝日は午前のみ

ただし、眼科の診療時間は下記の通りです。

月〜金 8:30〜17:30
午後は手術、予約、特殊検査になります。
(土・日・祝日は休診)