ブログタイトル

5月の行事食です。

2013年5月30日 木曜日

  

5月の行事食(子どもの日・母の日)を紹介します。

子供の日には、グリンピース御飯に筍の山椒和えなど季節感ある食材を使用しています。

手作りカードも、子供の成長を願って生き生きとした元気なカードができました。

母の日には、優しいお母さんが台所に立ついつもの後ろ姿に、感謝の気持ちを込めてカードを作り、

お弁当にしてみました。



5月22日(水)にサービスレベルアップ運動の発表会が彩雲苑と合同で開催されました。

接遇マナー向上の一環で取り組み始めて早5年。

年に一回の発表に向けて各部署が取り組んできた成果を発表します。

  

各部署のテーマ選定や取り組み、今後の課題、結果をパワーポイントを駆使しての発表でした。

一年間の取り組みの集大成です。発表担当のリーダー&サブリーダーはドキドキだったと思います。

  

病院6チーム、彩雲苑8チームの参加の中から優秀チームと最優秀チームが選ばれます。

ちなみに、外来チームでリーダーとして取り組んだ私。

テーマは「スタッフのコミニュケーション強化」。

アンケートによりコミニュケーション不足が挙がり、取り組みとして返事を意識し、朝礼をスタートさせ、

各部署の情報交換の場を設けました。しかし、なかなか成果がでず、試行錯誤しましたが、

取り組み1年後のスタッフの声を聞いて安心したと共に、スタッフの協力に感謝しました。

おかげさまで、なんと、最優秀賞をいただきましたv。

しかし、賞に関係なく、よりよい患者サービスができるようスタッフ全員で考え、取り組んだことに意義が

あると思います。

  

今後も、幸翔会全職員で接遇マナー向上に取り組み、継続して患者さまの立場に立った職場作りに

取り組んでいきます。



瀬戸病院出前講座!!

2013年5月21日 火曜日

 5月17日、島木環境改善センターで山都町中島南部地区社会福祉協議会主催の健康講座が開催され、

当院の副院長 永濱医師が専門の「肝臓病」について講演を行いました。

  

 地域での出前講座と言うこともあり、40名程度の参加者が集まられ熱心に受講されていました。

これからも地域に出向き、住民の方々の病気に対する知識の向上と日頃の健康管理に役立て

ていただければと思います。

  



5月16日(木)19:00から山都町の通潤山荘にて山都町学術講演会がありました。

  

矢部広域病院の総合診療科部長 芹川医師が、「当院におけるDPP-4阻害薬の使用経験と最近の話

題について」、また特別講演として当院の副院長 永濱医師が「C型肝炎の最新治療-大きく変わるこれ

からの治療-」について講演されました。

  

 芹川医師の講演では、主に2型糖尿病について話されました。

欧米と日本との比較、遺伝子の変異によるインスリンの影響、血糖上昇での膵のβ細胞からインスリン

分泌の機序など分かりやすく説明され勉強になりました。

5月16日から熊本市で第56回糖尿病学会が開催され、新しい指針が出ています。

糖尿病の合併症予防のため糖尿病発症早期からHbA1c7.0未満でのコントロールが必要だそうです。

 

特別講演では、永濱医師がC型肝炎の基本的なことから遺伝子レベルに至るまで講演されました。

また、治療も変化していき将来的に経口薬の治療も開始されるそうです。

印象に残った言葉は、「C型肝炎を撲滅できる時代がくるのではないか・・・」。  

明るい将来に期待したいです。



スタッフブログ

新着記事一覧

カテゴリー

月別アーカイブ

医療法人 幸翔会
瀬戸病院

〒861-3455
熊本県上益城郡山都町
北中島2806番地

TEL
0967-75-0111(代)

FAX
0967-75-0434


診療科目

泌尿器科 眼科 肝臓・消化器内科 内科 リハビリテーション科


受付時間

午前12時まで・午後5時まで


診療時間

月〜金 8:30〜17:30
土・日 休診 祝日は午前のみ

ただし、眼科の診療時間は下記の通りです。

月〜金 8:30〜17:30
午後は手術、予約、特殊検査になります。
(土・日・祝日は休診)